日本最大級の古代魚情報サイト

古代魚ナビ

ポリプテルス

ポリプテルス トゥジェルシーの特徴・価格・飼育方法は?

投稿日:

こんにちは古代魚ナビです。今回はポリプテルス トゥジェルシー(polypterus teugelsi)について書いていきたいと思います。トゥジェルシーは細長いポリプテルスでアミメウナギと一般的なポリプテルスを足して2で割ったような体型をしています。

ポリプテルス トゥジェルシーとは

ポリプテルス・トゥジェルシー
(画像引用元:http://acropoliss.blog.shinobi.jp/)

ポリプテルス トゥジェルシー(polypterus teugelsi)は1998年に発見され、2004年に記載された新しいポリプテルスです。レトロピンニス同様に細長いスレンダーな体型をしており、不規則に連続する黒班に特徴があります。

背鰭棘(小離鱗)の数は6〜8本と少ないですが、最大全長は60cmを超えるため水槽での飼育を行う場合120cm以上の水槽は最低限用意したい個体です。

ワイルド個体の生息地域はカメルーンのクロス川流域とされており、人気が高いですが現在では限定的な生息地しか見つかっていないため日本への入荷数は少なく手にいれるのに少し苦労します。

ポリプテルス トゥジェルシーの詳細

  • 学名:polypterus teugelsi
  • 全長:50-60cm
  • 生息地:カメルーン
  • 背鰭棘数:6~8本
  • 体周鱗数:37~40
  • 両顎長:上顎がやや突出
  • おすすめ水槽:120cm以上
  • 市場価格:3000〜40000円前後

販売されている価格相場

販売された価格帯(画像引用元:オークファン)

サイズ 価格
10cm以下 〜5,000円程度
20cm〜30cm 10,000〜20,000円程度
40cm〜 10,000〜40,000円程度

ポリプテルス トゥジェルシーの取引されている価格は上記の通りです(価格調査日:2019年)。実店舗、ネットの売買などを調査したところ40cmを超えるような個体では4万円前後で取引されることもありました。

10cm以下の個体については比較的よく出回るため3000円以下で買えることもありますが、大型の個体になると国内流通量はまだまだ少なく価値が高いようです。

管理人もポリプテルスを飼っていますが、ポリプテルスの背鰭は恐竜のステゴサウルスのような形となっておりこの独特のフォルムが非常に魅力的です。今回の記事がポリプテルス飼育や購入の参考になりましたら幸いです。

-ポリプテルス

Copyright© 古代魚ナビ , 2020 All Rights Reserved.