日本最大級の古代魚情報サイト

古代魚ナビ

古代魚飼育基礎

古代魚購入時の水合わせ

更新日:

こんにちは古代魚ナビです。今回は古代魚の水合わせについて記載していきたいと思います。古代魚の多くは水質悪化や環境変化に強い種が殆どですが、ブラックアロワナなどは水質変化に弱く、ちょっとした水質差ショックで急死してしまう事があります。

古代魚の水合わせの手順

(画像引用元:https://lagooncompany.jp/)

古代魚を熱帯魚ショップなどで購入してきたら魚が入っているビニール袋を1時間程度、水面に浮かべておき、水温差を無くします。

次にpHや硬度を合わせるため、水合わせ作業を行います。ビニール袋に入っている水が多い場合は1/3程度捨てて、新しい水(これから入れる水槽の水)が入るスペースを作ります。

注意

ビニール袋の口を魚が飛び出さない程度にゆるく輪ゴムで止めた状態にすると上手く水を捨てる事ができます。魚が暴れてビニール袋から飛び出ないよう注意しましょう。

続いて新しい水をビニール袋の中に入れます。コップやスポイトなどを利用し少しずつビニール袋に水槽の水を追加していきます。イメージとしては30分かけて水を捨てる前の水量に戻す感じです(個人的にはスポイトがおすすめです)。

具体例

最初にビニーブ袋に入っていた水を仮に600mlとすると水温差を合わせた後、200mlを捨てます(ビニール袋の水が多い場合)。その後、水槽の水200mlをビニール袋の中に約30分かけて少しずつ入れていきます。

この作業を2〜3回繰り返す事で水槽内の水とビニール袋の水の温度・pH・硬度などが徐々に均一化し、水温差ショックや硬度ショック、pHショックなどを防ぐ事ができます。

古代魚購入時の水合わせまとめ

古代魚を購入した後に行う水合わせは2〜3時間程度かかる作業なので時間に余裕を持って行いましょう。古代魚の中でもアロワナ(特にブラックアロワナ)については水質差に弱い傾向があるので1.5〜2倍程度の時間をかけて水合わせを行った方が安全です。

反対に、肺魚ポリプテルスなど水質差に強い古代魚の場合、注水スピードは30分では無く、15分から20分程度でも問題ないと思います。今回の記事が古代魚飼育の参考になりましたら幸いです。

-古代魚飼育基礎

Copyright© 古代魚ナビ , 2019 All Rights Reserved.