日本最大級の古代魚情報サイト

古代魚ナビ

ハイギョ

レピドシレンパラドクサの特徴・価格・飼育方法

更新日:

こんにちは古代魚ナビです。今回は南米唯一のハイギョであるレピドシレン・パラドクサ(ミナミアメリカハイギョ)の特徴や価格、飼育方法について記載して行きたいと思います。

レピドシレンとは


(画像引用元:https://commons.wikimedia.org)

レピドシレンは細長い紐状の胸ビレと腹ビレを持つ、南米大陸に生息するハイギョです。幼魚は黒い全身に黄色い水玉模様が入りますが、成長と共に黄色い模様は消失していきやがて全身が黒色(灰色)一色になっていきます。

ポリプテルスやアロワナなどに比べるとマイナーな古代魚ですが熱帯魚ショップや古代魚専門店では20cm以下の個体が度々売りに出されます。

レピドシレンの飼育方法

  • 学名:Lepidosiren paradoxa
  • 全長:70-100cm
  • 生息地:南米(アマゾン川やラプラタ川)
  • おすすめ水槽:120cm以上
  • 水温:24~28℃

水槽について

アロワナガーパイクと異なり、体が柔らかい為、水槽は飼育個体の1.5倍以上あれば問題ありません。他の肺魚やポリプテルスと同様に活発に泳ぎ回ることはなく、水底をユックリ這い回るように移動します。

古代魚 太郎
レピドシレンのはプロトプテルス・アンフィビウスプロトプテルス・エチオピクスに比べると縄張り意識は弱い為、混泳も可能です。もちろん、喧嘩をして傷つくリスクもありますので基本は単独飼育がおすすめです。

餌について

自然環境下では貝類や魚類、水生昆虫などを食べています。他の肺魚と同様に沈下性の大型肉食魚用ペレット鯉の餌で育てる事も可能なので一つの餌に偏らず様々な餌を与えれば問題ありません。

飼育の注意点

レピドシレンはアミメウナギほどではありませんが、細長い個体なのでわずかな隙間から脱走することがあります。その為、水槽には隙間なく蓋をすることが大切です。

また、プロトプテルスほどではありませんが、噛む力は強いとされていますので飼育時に手を噛まれないように注意しましょう。

レピドシレンの価格相場

サイズ 価格
〜20cm 1,000円〜5,000円

レピドシレンは大型個体の流通は非常に少なく20cm以下の幼魚の流通がほとんどです。市場で取引される価格は1000円から5000円程度となっており、他の肺魚に比べると安価で手に入れることができます。今回の記事がレピドシレンの飼育や古代魚購入の参考になりましたら幸いです。

-ハイギョ

Copyright© 古代魚ナビ , 2019 All Rights Reserved.