日本最大級の古代魚情報サイト

古代魚ナビ

ポリプテルス

ポリプテルス エンドリケリーの特徴・価格・飼育方法は?

更新日:

今回はポリプテルスエンドリケリー(polypterus endlicheri)について書いていきたいと思います。恐竜のような見た目をしており大型になる下顎突出型のポリプテルスの中でもっとも人気があります。

ポリプテルス エンドリケリーとは

エンドリケリー

ポリプテルスエンドリケリーは扁平した顔つき、太く明瞭なバンドに盛り上がる背中!まさにキングオブポリプテルスの何ふさわしい種であり最も有名なポリプテルスです。

最大サイズは約70cmで成長のスピードは比較的早いため初めから90cmや120cm以上での水槽で育てた方が安心でしょう。

背鰭の数は11〜15本で一般的に他の種同様、背鰭の数が多いほど人気が高く価格が高くなる傾向があります。ワイルド(野生)個体の生息地は白ナイル、ニジェール川、チャド湖など多岐にわたり、国内ではワイルド個体の他、東南アジアや国内のブリード個体が多く流通しています。

エンドリケリーの詳細

  • 学名:polypterus endlicheri
  • 全長:60〜70cm
  • 生息地:ギニア・ナイジェリア・チャド・スーダン等
  • 背鰭棘数:11〜14本
  • 体周鱗数:42〜46
  • 両顎長:下顎突出
  • おすすめ水槽:120cm〜

エンドリケリーは他の種に比べ比較的扁平した頭部を持つ場合が多いですが、個体差、地域差で扁平の度合いが少ない個体もいます。ビキールラプラディーと分布地域が重なるため、一緒に輸入されることもあります。

また、ラプラディと自然交雑された可能性の高い両方の特徴を持った個体(ラプエン)も発見されています。近年は東南アジアでのブリード(養殖)個体が入ってきているので値段が安くなりましたが昔は数十万円の値がつけられていました。

古代魚 太郎
ラプエンはエンドリケリーの力強いフォルムにラプラディの縦帯が入っているものが多いです。ギニア便に多く、国内のショップでも流通が確認されていますのでネットなどで探せば見つかるかもしれません。

エンドリケリーの価格相場

プラチナエンドリケリー

サイズ 価格
〜10cm以下(ブリード) 1,000〜3,000円程度
〜30cm以下(ショート) 10,000〜100,000円程度
〜30cm以下(白変個体) 30,000〜150,000円程度

ポリプテルスエンドリケリーは地域によってはホームセンターの熱帯魚コーナーなどでも売られている事があります。通常の10cm以下の養殖(ブリード)エンドリケリーは1000円程度で手に入れることもできます。

一方、ショートボディと呼ばれる変異体や白変個体(いわゆるプラチナ)は価値が高く、状態の良いものだと10万円を超えるような金額で取引されることもあります。

古代魚 太郎
プラチナ(白変個体)はエンドリケリーを繁殖させると数千から数万匹に1引きの割合で出現します。ショートボディーは4頭身前後のものが多く、育成環境などによって発生するようです。ショートはワイルド個体ではあまり見かけませんが、ブリード個体でよく見かけます。

エンドリケリーまとめ

管理人も何度かエンドリケリーを大きく育てた事がありますが、1年程度で30〜40cm程度まで成長します。そのため、初めは小さいので60cm水槽で問題ないのですが可能ならば最初から120cm〜の大型水槽を用意して育てた方が良いでしょう。

また、セネガルスなどの非下顎突出型とは成長スピードが異なるので体格差が大きくなってしまった場合はエンドリケリーに食べられる前に小さなポリプテルスは避難させた方が良いでしょう。今回の記事がポリプテルス飼育や購入の参考になりましたら幸いです。

-ポリプテルス
-

Copyright© 古代魚ナビ , 2020 All Rights Reserved.