日本最大級の古代魚情報サイト

古代魚ナビ

ポリプテルス

ポリプテルス コンギクスの特徴・価格・飼育方法は?

投稿日:

こんにちは古代魚ナビです。今回はポリプテルス・エンドリケリー・コンギクス(Polypterus congicus)について書いていきたいと思います。コンギクスは自然下では97cm以上の個体が発見されておりポリプテルスの中で最も大きくなる個体です。

ポリプテルス コンギクスとは

コンギクス

ポリプテルス コンギクスは長らくはエンドリケリーの亜種とされていたが近年では独立種とするのが有力です(以前は学名がpolypterus endlicheri congicusでした)。

背鰭の数はエンドリケリーより多く通常は14本となっています。最大全長は97cmという記録をもつがそれ以上の個体も存在するという報告もあります。

国内へは1978年に始めて入荷され、個体の特徴としては体色の濃淡や模様の変異が多くコンゴ川のワイルド個体では明るい茶褐色をベースに暗色のバンドが入る個体(以前はビキール カタンガエと呼ばれていた個体)も数多く報告されています。

ポリプテルス・コンギクスの詳細

  • 学名:polypterus congicus
  • 全長:70-97cm
  • 生息地:ザイール〜タンザニア
  • 背鰭棘数:12〜15本
  • 体周鱗数:46〜52
  • 両顎長:下顎突出
  • おすすめ水槽:120cm〜180cm

コンギクスは以前はビキール・ビキールに次いで大型の個体とされていましたが、最近97cmを超える個体が見つかっており、少なくとも自然界ではビキールビキールを超える最大のポリプテルスと言うことができます。

餌の食いが良くエンドリケリー同様に成長が早く、生後1年程度で25cm〜50cm程度まで成長するので少なくとも120cm以上の大型水槽は用意するようにしましょう。

ポリプテルス・コンギクスの価格相場

サイズ 価格
〜20cm(ワイルド) 〜5,000円程度
〜30cm(ワイルド) 〜15,000円程度
〜50cm(ワイルド) 〜35,000円程度
〜70cm(ワイルド) 〜150,000円程度

ポリプテルス・コンギクスは東南アジアのブリード個体よりもワイルド個体が方が流通が多いように感じます。サイズが大きくなると価格も高くなりますが、20cm以下の小型の個体については5000円以下で手に入れる事も可能です。

コンギクスまとめ

コンギクスはエンドリケリーなどと同様に成長スピードが早く大型に60cm水槽などで飼育するのは無理でしょう!大きな水槽を保有できる人は少ない思いますが、大きく成長する個体なので飼育するなら最低でも120cmの水槽は用意しましょう!今回の記事がポリプテルス飼育や購入の参考になりましたら幸いです。

-ポリプテルス
-

Copyright© 古代魚ナビ , 2020 All Rights Reserved.