日本最大級の古代魚情報サイト

古代魚ナビ

その他古代魚

ピラルクーの特徴・価格・飼育方法

更新日:

こんにちは古代魚ナビです。今回は鱗を持つ淡水魚の中で最大になるとされるピラルクーの特徴や価格、飼育方法について記載していきたいと思います。巨大な個体のため通常の水槽設備で飼育するのは無理ですが専用の大型設備を用意できれば飼育する事も可能です。

ピラルクーとは

ピラルクー

ピラルクーは古い形質を持つ古代魚の一種で自然環境下では最大全長4m以上に成長します。顔は縦に平たく、大きく硬い鱗を持ち、生後3〜6ヶ月程度経つと、徐々に赤い体色に変化していきます。

個人で飼育するには巨大な水槽とかなりの経済力、覚悟が必要です。ただ、販売しているお店は意外と多く、以前、ホームセンターで売られていたのを見たことがあります。

ピラルクーの飼育方法

  • 学名:arapaima gigas
  • 全長:300-400cm
  • 生息地:南米
  • おすすめ水槽:300cm以上
  • 水温:24~28℃

水槽について

ピラルクーは成長が早く1年程度で70〜90cm程度まで成長します。購入時点で10〜15cm程度の個体の場合、60cm水槽でも飼育可能ですが1年後には180cm水槽が必要になります。

時期 大きさ
購入時 10-15cm
3ヶ月 30-40cm
6ヶ月 50-60cm
1年 70-90cm

水槽飼育下でも最終的には200cm程度まで成長すると言われているので最終的には300cm以上の水槽が必要です。

また、何かに驚いて急に突進したりジャンプを行うので、硬い素材でできている蓋はせずに弾力性のあるビニールシートなどの素材で蓋をした方が安心です。

古代魚 太郎
ピラルクーの飛び出し事故は個体の大きさが70cmを超えたくらいから発生する確率が上がります。

餌について

慣らしていけば人工餌や赤虫、メダカ、アカヒレの幼魚、コオロギ、トンボ、カエル、ミルワームなど様々な種類の餌を口にしてくれます。

ピラルクーに限った事ではないですか、自然下で口にする餌は1種類ではないはずです。与える餌にはバリエーションを持たせてあげましょう。

ピラルクーの価格相場

サイズ 価格
〜20cm 〜6,000円

ピラルクーは成長すると美しく発色する魚なので観賞用としても人気があります。ただ、大きすぎるということもあり人気は高くなく、稚魚は1万円以下で手に入れることができます。

また、比較的大きくなった美しい個体についても3万円以下で手に入れることができますので、購入の難易度は高くありません。今回の記事がピラルクー飼育や古代魚購入の参考になりましたら幸いです。

-その他古代魚

Copyright© 古代魚ナビ , 2019 All Rights Reserved.