日本最大級の古代魚情報サイト

古代魚ナビ

ポリプテルス

ポリプテルス アンソルギーの特徴・価格・飼育方法は?

更新日:

こんにちは古代魚ナビです。今回はポリプテルスアンソルギー(polypterus ansorgii)について書いていきたいと思います。ポリプテルスの中では大型の部類に入り、野性味溢れる美しい面構えをしていることから熱心なファンが多い古代魚の一つです。

ポリプテルス アンソルギーとは

アンソルギー

ポリプテルスアンソルギーは飼育下でも70cmに達するほど大型化する事から本種のみを追い求めるポリプテルス(古代魚)愛好家も多いです。

体側にブロッチ模様が入る物から斑点の物まで他の亜種同様、変異個体が多い事も特徴の一つとなっており、ワイルド個体は背鰭の数は13〜15本でギニアビサウ共和国やナイジェリアに生息しています。

アンソルギーの初入荷は2006年と最近であり、学術記載がされた1910年から100年近く経ってから国内へ入荷されました。

アンソルギーの詳細

  • 学名:polypterus ansorgii
  • 全長:50〜60cm
  • 生息地:ギニア〜ナイジェリア
  • 背鰭棘数:12〜15本
  • 体周鱗数:42〜46
  • 両顎長:下顎突出
  • おすすめ水槽:120cm〜

アンソルギーは今では20cmほどの個体から70cmオーバーの大型個体まで輸入されています。また、国内ブリーダーによる養殖の成功事例が出てきており、多数の稚魚が出回るようになりました。

アンソルギーの価格相場

サイズ 価格
〜30cm以下(ワイルド) 〜15,000円
〜50cm以下(ワイルド) 〜50,000円
〜70cm以下(ワイルド) 〜100,000円

アンソルギーは養殖(ブリード)個体も存在しますが流通しているのはワイルド個体が多いように感じます。価格はサイズによって異なり、30cm以下の小さな個体の場合、1万円以下で購入できる事もあります。

また、他のポリプテルスと同様に白変個体(プラチナ)が存在し、以前40cm台のプラチナが17万円ほどで取引されました。

アンソルギーまとめ

アンソルギーは明瞭なブロッチ模様の入った個体の人気が高く、高値で取引される傾向があります。現在では初入荷の2006年に比べ価格も安価になりましたので大型水槽を保有している方にはオススメの古代魚です!今回の記事がポリプテルス飼育や購入の参考になりましたら幸いです。

-ポリプテルス
-

Copyright© 古代魚ナビ , 2020 All Rights Reserved.